ぼやぼや日記

溜めてしまった
すこしだけ 面倒なこと

今日はすいすい
何でもはかどる

先延ばしにした
部屋の一部分の掃除

苦手な書類の確認事項
ちょっとした電話での質問 ...

ぼやぼや日記

一昨日は  大掃除
タイルの目地をそこだけ擦る

ゴシゴシゴシ…

キレイに なっただろうか
近視眼では分からない

だけれど他と比べてみると
すこしだけ白く  なっている ...

地球的美容

今年購入した肌につける用アイテムの連記事です。

今回はその3(で終わるのか?)。

保湿&下地用として購入したアイテム2つについてです。

保湿&気合入れる日の下地用アイテムについて

前回の記事の続きです ...

地球的美容

長くなりすぎたので数記事に分けています。

今回はその2。

パウダー原料についてのコメントです。

[肌につける用]今年購入したもの全5つ(その2)パウダー類について

前回の記事の続きです。

...

地球的美容

久しぶりの美容記事です。
実は、このブログでよく読まれているのは美容ネタ。

今のようなライフスタイルの方向性となった大きな理由の一つには美容や美への関心もあったので、嬉しいことです。

だけれど最新鋭のコ ...

おしゃれに目覚めた頃から
気に入っているカーディガン

よそ行きにも合う
普段着にも合う

体のラインもキレイに見える
デコルテラインの顔映えもいい

スカートにもズボンにも ...

おはなし

さむいさむい
月もみえない冬の夜

いいなぁ
あの子は暖かい家

いいなぁ
あの子は母さんと一緒

いいなぁ
あの子は温かいごはん

さむいさむい
ぼくに ...

ぼやぼや日記, こころ観察

小さなお鍋に 水を入れて
コンロに 火をつける

次第に ポツリポツリ
泡が出る

ちいさな泡は数を増し
縁からだんだんと内側へ

泡は増えつつ小さく回りつつ
最後は大きな ...

こころ観察

涙の種類、そのひとつ
累計の涙

たとえば容量100ならば
100を超えたら流れ出す

涙の素が ゼロなとき
ダメージ30受けても平気
涙はまだまだ流れない

涙の素が累計 ...

この2ヶ月程。
贅沢にも、人生最高のお醤油を使っていました。

煮物の味付けも、それだけで十分に美味しい。
出汁もいらない、材料もいつもと同じ。

お醤油だけで、美味しい。

「まろやかで ...

美肌考, ゼロウェイストブログ, こころ観察

折り合い・妥協。
大人になるにつれて、増えていた気がします。

。。。

できるだけ、環境負荷のすくない暮らし方。
シャンプー・リンス・歯磨き粉は高校生でやめたし、一般的な化粧品や洗剤もこの5年程で ...

地球的美容

唐辛子が元気に育っています。

白く小さくスッとした

一重のきれいな花も咲いています。

そうして実は、一つだけ
早咲き苗には緑色の唐辛子がひとつ

もう一月ほど緑色のまま
身 ...

感覚

「痛いのイタイの、どんでいけー!」

子どもの頃、痛みが和らぐ気がした少し。

かるく死にたい気分になったとき
何度もきいて助けられた音楽

意外できれいな言葉の組み合わせに
凹んだ自分が ...

美肌考

世界三大美女とも言われるクレオパトラ。

ビジュアル一本勝負!というよりは、七カ国の言語を使い分け、高い知性と教養を祖国エジプトのために使った聡明な美女としても知られています。

大切なのは、総合力!

...

フラクタル, ことば

山あり谷ありドラマあり。

物語に欠かせないのは
何といっても「主語」の存在。

誰がどうした・どうなった。
主語が変われば意味変わる。

悲劇が喜劇に、その逆も然り
それこそが主 ...

地球的美容

久しぶりの手作りコスメ記!

…といっても私の場合、「手作り」と書くにはおこがましいほどの簡単なものですが、それはさておき!

今回は手作りパウダーに投入した新素材の紹介です。

今年、新たに購入したのは ...

フラクタル, 地球的美容

勝手に名付けて遊んでいる地球的美容

適切なエビデンスなどはよくも分からず
軽く突っ込まれたならグゥの音も出なそうな

しかし感覚のまま
土壌と肌の相互関係つぶやきを…

  ...

地球的美容

防災リュックを作りたく
情報集めをしていた昨年。

防災やサバイバルの「3の法則」
と呼ばれるルールを見つけました

生命に直結するほど必要度の高いもの
これはそのまま美容美肌にもいえるので ...

, ことば

ご飯つくるの面倒

でも

ちゃんと美味しいものしか
もはや食べる気がしない

そんな時には

出汁なしでも美味しい
お味噌汁の出番です

。。。

ゼロウェイストブログ, 本・作品

時は文明開化
とある田舎の村に

1人のみなしご男の子
小間使いしつつ日和を生きていた

「男たるもの身を立てたい」
出かけた街で見かけたランプ

初めての明るさに惚れ
ラ ...