よごれたもの

きれいなものは
きたない所に隠すのがいい

誰も見向きも
しなくなるから

大切だからしまっておこう
「汚れたもの」と名付けよう
そしたら誰も分からなくなる

 

目には見えない
ことばでもない
音も香りも、味さえしない

よごれた中に隠れているのは
ホントはとても美しいもの