君の名は。「Sparkle」にワルトシュタイン三連符を思い出す

03/09/2019

2016年の大ヒット映画「君の名は」。

使われているRADWINPS「Sparkle」内。
冒頭から通奏で流れるピアノ三連符の連続が大好きです。

三連符の連続。

コレには、私の中では泉がとうとうとと湧き出るような、豊かできれいな湧き水が渦巻くような感覚を覚えた原体験?があります。

■思い返すはベートーヴェン

三連符に感動して、思い出すのはベートーヴェンピアノソナタ21番op.53、通称「ワルトシュタイン」。それまでは苦手意識しかなかった三連符に対して、初めて「三連符…いい、、、っ!!」と感動した曲です。

■どんな曲かというと…

この曲はベートーヴェン史上初、鍵盤の数が最多な「新型ピアノ」とご対面した時に作られたもの。初めて目にした鍵盤数の多さと新しい音に、ベートーヴェンの中には、少年的な喜びやワクワクがきっと溢れたことでしょう。

ずっと折りたたみ携帯しか使ってこなかった人がスマホを初めて触るような感動や驚き、楽しさ…(それ以上か)。ワルトシュタインは、ベートーヴェンのそんな未知への冒険心や躍動感が込められた曲とされています。

(と、勝手に思っている。「苦悩に満ちた人生」と表現される事が多いベートーヴェンですが、そんな彼にも、楽しいことや幸せな時間もあったはず。ワルトシュタインでは、純粋に楽器の面白さを楽しんだ部分もあるんじゃなかろうか)。

■ッ!ダッダッダッダッダッダッダッダッ…

一番有名なのが冒頭「ッ!ダッダッダッダッダッダッダッダッ…」という部分。この部分は分かりやすく、まぁ楽しいですが、それよりも…!私がこの曲で好きなのはこの3要素。

・豊かな湧き水あふれ出す三連符
・キラキラとスパークするトリル
・適当に触ると崩れてしまいそうな、せつなすぎる第二テーマ

※ここから先は、主観でしかない感動を語ります(下の方でラッドウインプスの話に戻ります)。

第一楽章途中52小節から数小節続く、に出てくる左手3連符。
ここが私の初めての三連符感動体験の部分です。

コンコンと豊かな美しい湧き水が太陽の光を反射して流れ出してくるような、とうとうと水がくるくる湧き出てくるイメージがして…。(この三連符は豊かに弾きたいところ!そしてこの時、絶妙なタイミングで合いの手を打つ右手シンコペーションもたまらない。

そこから続く、展開部前のppからトリル2小節へと向かう部分。
ここは、星がキラキラスパークを増していく、
無数の星がどんどんと散りばめられて増えてスパーク全開になるイメージでキラメキ感が半端じゃない。

The☆散りばめられるスターダスト的な。
どんなイルミネーションよりもキラキラ輝いていく様に「あーーーーーーーっ………めっっっっちゃキレイ……!!!ずっと続けばいいのに…、、、!!!

と思う瞬間、fpですぐに打ち消されるのがベートーヴェン。
夢のようなラメラメタイムの終了は残念でもありますが、その”パキッと感”がベートーヴェンのカッコ良さでもあります。

永遠に続かないから美しさ増すのが、時間芸術である音楽の好きなところでもあります。

例えるなら、消え際に一瞬!キラキラーッ、パラパラーッと輝く黄金色の花火。この花火50個位がほぼ同じタイミングでキラキラーッと無数に輝いて消えていく前のようにキレイな2小節(これらすべての表現、伝わっているのだろうか…。)

ちなみに、この時の色は複数ではなくゴールド系のとても細かい輝き、100歩譲ってもプラチナ系。キラキラ星変更曲よりもダイヤの数カラットなんて余裕で比じゃないレベルでキラキラと輝く部分です(LEDにみるキラキラ感。LEDって蛍光灯より良くも悪くも光が強すぎる感はありますが…)

(音楽でいう和音は、美術でいう色彩ですねっ!)

ドキドクワクワク感のある第一テーマも好きですが、今にも崩れ落ちそうな第二テーマのせつない美しさもたまらない(※サラッと書いていますが、相当好き)。

再現部前の、魚が水面に跳ねて躍るような1段も遊べるように弾けたら楽しい所…(私は苦手で上手く弾けずじまいでした!)

…と、こう書くとクラシック音楽にかなり詳しそうですが、実際はごく一部しか知りません。

■振り出し戻ってラッドウインプス「スパークル」

そんなこんなで、私は三連符の連続に「くるくるコンコンと繰り返し湧き水が出てくるようなゆたかな連続感」のような個人的イメージを持っています。

そうして戻って「君の名は」。
「スパークル」冒頭ピアノの三連符連続。

私はココに、何度も生まれ変わりを繰り返しては出会う二人のくるくるとした豊かな運命のリズムを重ねてしまうのであります…。

(あと、完全なる偶然ですが「スパークル」というタイトルも、ワルトシュタインのスパークするキラキラとした2小節と、君の名はの根底にある宇宙感をイメージさせる輝く銀河と重なり二重に面白い!)

…あ、、、

「君の名は。」、まだ見てません。
原作も知りませんが、まわりから話は聞いているので、なんとなくなぞったイメージで、、、(どちらかと言うとベートーヴェンメインな記事か)。

なのに、ユーチューブで断片映像見ながらのループ再生だけで気持ちあふれて泣を抑えるこのモロさ…。自分で若干、面倒だと思ってもどうしようも仕方がありません(映画は基本、色々刺激が強いものが多く気持ちの後遺症が残って苦手なのであまり見ません)。

Sparkleのループ再生で、珍しく映画「君の名は。」が非常に見たくなりました。今更ながら、DVDを借りて年内に見る予定です(映画は大体、年1回でお腹いっぱいな人)。

■ここから下は、あまり寝れなかった翌朝の早朝追記

寝る前に、好きな曲で感動しすぎると寝付きが悪くなります。
テンション下がらぬまま、夜中も起きて早朝に起き…。ということが何度かあるので、寝る前になにか聞くなら「適度に」好きな曲を聞くのが最適なのであります。。。

と、注意しててもたまに聞いては眠れない夜。
からの、新聞配達の音を布団で待つレベルな早朝起きを繰り返してしまう、、、。

音楽

Posted by 12