えぇい、ままよ。あとは野となれ山となれ(初めての一人着付け)

お正月、皆さまどのようにお過ごしでしょうか。
私は、初めて「ひとり着付け」に挑戦してみました。

着付けは昨年4月に突貫1dayで習ったのみ。
教えて頂いた帯結びは名古屋帯とシンプル半幅帯の2パターン。

それ以来、きちんと着ぬまますっかり忘れて年明け1月。
なのにイキナリ、事前練習一切無し&人生で初の二重太鼓をしようと画策。

「昔はみんな着ていたのだし、何とかなるでしょっ!」
すっぴんパジャマ状態から、着付けはじめたは出発2時間前。甘すぎる見積もりで、忘れた着付けと帯結びをYou tube倍速とネット検索に頼って奮闘するも、
迫る時間とできぬ帯。

えぇい、ままよ!
帯さえほどけなければ、後は野となれ山となれ。

最後は気合で乗り切るチカラ技。
どうにかこうにか形になりました。

見る人が見れば、ダメダメ着付け。
キリッとキメたい襟元は衿芯忘れてゆるゆるに。ナナメな裾と、横から見れば、どこか可笑しい二重太鼓。

ですが、1日教わっただけでコレなら上出来花マル。
習うより慣れろ精神と勢いばかりの1人着付けを楽しめたお正月となりました(2018年は和暦手帳♡)。

「おばあちゃんになったら、着物を気軽に楽しみたいなぁ」
中学生位からおぼろにこんな夢を持っていました(この時、着付けは自分でする前提!)。

しかし、はたと立ち止まり。
おばあちゃんまで待たずとも良いのでは…と思い立ったは昨年3月。着物関連のイベントに行くと、運良く着付けから帯までを1日で教えて頂ける機会に巡り合い、「気軽に着物」の夢へ大きく近づいた翌月4月。

続く秋には、これまた縁あり名古屋は大須のリサイクル着物ツアー。着物コーデは分からぬもので、着物の先輩方から素敵なアドバイスを頂き可愛い着物と帯を格安入手。

そんなこんなで1月2日、晴れて日の目を見た着物。
普段と違う、色柄素材にしとしと歩き、10年来の夢叶うすこし。
。。2018年は、も少し上手く着られるよう2−3回は着付けチャレンジする予定です♡

 

@本日の余談
補正用タオルや長襦袢、お端折りがしっかりあったお陰で意外と温かかった腰回り。日本文化は肝心要の肚腰文化。腰が決まれば姿勢も決まる、シャンとする。雪降りそうな寒い日でしたが、着物コート無しでも和装外出を楽しめました。

@帯結びで筋肉痛
長時間、手を後ろに回して重たい帯をあーでもこーでも無いないナイ!!と奮闘していたので、肩甲骨と二の腕あたりに夜から軽い痛みが…。着物と洋服とでは、使う筋肉も違うことを実感。