空っぽになるためのアウトプット

はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ

何かをする時。
学ぶとき思うとき会うとき創るとき

いつも、空っぽで在りたいなと思います。

知識や善悪は、時に視界を暗くする。
そのままが見えなくなる。

「枠」を作ることも学びなら
作り上げてきた枠を壊すのも学び。

何十年とかけて精巧で堅牢な枠を作り上げ
肌感覚レベルになった後に
その枠を綺麗サッパリ流してしまう名人芸。

粋だなぁと思います。

頭に刻み込むためのアウトプット。
頭を空っぽにするためのアウトプット。
入力と出力のバランス。

いつも、風通しの良い身体で在りたいものです。

 

引用は映画「千と千尋の神隠し」主題歌、「いつもなんどでも」より。