電車で街で、無言で香りの自己紹介。

お店や道で、すれ違う人
無言で香りの自己紹介。

・古着屋さんの、服着てます
・ケーキorスイーツ買ったよ
・柔軟剤たっぷりはマスト
・さっき珈琲のんできた
・ファーストフード食べたあと
ケミカルナプキン使ってます(!)

人工的な香りを、減らして暮らして数年。
日常は、たくさんの香りであふれていることに気が付きました。

洗剤系やタバコは強いのか、電車やエレベーターの入り口を通った瞬間に感じることも。時間帯や季節の特徴も嗅ぎ分けられるようになりました。

朝、整髪料。
夜、お酒。
夏の夕方、制汗剤。
重ね着の冬は、洗剤・柔軟剤系が強くなる。

外食でよく使われる油も、特有なので分かりやすい。
最近はひとり、
トイレの芳香剤らしき香りをバッチリ身につけてた人。おぉっ…とすこし、驚きました。

香りは小さな化学物質。
人は色んな香りをモノを、身につけている。取り入れている。

買物する店、さっき居た場所、普段使いの日用品。
商標ズバリは分からなくとも、香りの背景に透けて見える、好みや価値観の一部分。

目耳鼻口。
強い刺激の現代社会。
弱い刺激は触覚だけかな、、、

、、、。

先日、電車で動物のにおい。
不思議に思って見回すと、移動用バッグのメッシュ部分から、ワンコの顔が、隠れてチラリ。

鳴かずにいい子、してました。
…が、人より鋭い嗅覚のワンコ。ここは強い香りにあふれてキツかろうかと、何やらケモノぶってみる人間、、、。