発芽の季節、家庭菜園6日目。

6日前に蒔いた種。
少しずつ、ひょっこりと、芽を出し始めました。

か、かわいい、、、。
ちいさいのもボケない性能良いカメラほしい。。

「自分で育てると可愛い」
何度か耳にしていました。

でも、芽が出ただけで本当に可愛いとは。

小枝の影から石の下から
太陽に向かい芽を伸ばす。

右上のなんてツヤツヤしてる。
芽が出た、芽が出た、おめでとう。

。。。

こないだの日曜日。
自然栽培農家さんの「プランターで育てる家庭菜園」イベントへ行ってきました。

土作りや水やり、簡単なコツなどをレクチャーしてもらい、私はスナックエンドウとサニーレタスの種を蒔きまき。大きくなれよ。

「声掛けして気にしてあげるといいよ〜」と教えてもらったので、気にかけ声かけ6日目の今日。

1週間たたずして、はやくも愛着が湧いてきたようです。(7時から12時までの数時間で5ミリは伸びていてビックリ!

木曜日には、そこで出逢った友達とランチ。
似たような志向性の友達ができたことも、嬉しかったこと。

花やハーブなら、たまに育てては枯らしていました。でも野菜は小学生低学年ぶり。

種たちの可愛い発芽とともに、ちいさな楽しみも育っていきそうです。

現代生活の中で、できるだけ自然に寄り添えるような暮らしがしたい。

そう思ってアレコレ本を読みセミナーに行ったりしてはみても、動いてみるのが1番早くて学びも深い。

見方によっては ”危険” は完璧なほどに張り巡らされていて、”攻撃” できるものであふれ返っている現代社会。

私の場合、攻撃系アプローチは消耗するし長続きしない(気になるものは、とことん調べるけれど)。

楽しくないと続けられない、したくない。
私もまた1人のエゴ満載な、人間だもの。
(みつを)

お金も欲しいしブランド物も欲しい。
文明の支えありきな暮らしをしている。得意分野はよくても、苦手分野はてんでダメ。

完璧を目指すと、疲れるどころか動き出せなくなってしまう。でも、だからこそ人との関係を深められるのかもしれない。

自然と暮らし方も、切り口は色々ある。
生産者・消費者の立場もあれば、経済の流れを作る人や教育者…。

私が楽しめること。
1人1人が楽しめること。

違っていいし、違うからいい。
個性も適性も価値観も好き嫌いも。人の数だけあって初めて、どれだけでも切り口が無数に存在できる。

芽がでた、嬉しい。
志向性が似ている友達ができた、嬉しい。

嬉しいこと、楽しいこと、好きなことを集めていきたい、そんな雨の日。。。