週2炭酸、週5お湯。自然に身体にお掃除に、三方良しなヘアケア記

髪の調子がよくて、触るたびに嬉しい最近。。。♡

広告的に?書くなら、自分史上最高のツヤツヤ感とサラサラ感が毎日持続。

何が良かったかといえば。

、、、


今はロング!2年後位は再びバッサリショートにする予定です♡

一ヶ月半前から変えてきた、この2つしか思い当たりません。

・週2の炭酸水洗髪
・獣毛ブラシでの丁寧なブラッシング
※このとき気分は、大好きなシマリスの毛づくろい的な

これまでは、湯シャンと固形石鹸でした。
その固形石鹸を、炭酸水に変えてブラッシングを追加しています。

この洗髪方法、身体にも肌にもお掃除にも髪にも優しい方法なのです。ヘアケア変遷期→最近のヘアケア詳細の順に書いていきます。

 

私のヘアケア変遷記

■中学1年生

当時流行っていたくせ毛用シャンプー&リンスを使うも、若干よけい酷くなった気がして終了。

■高校2年か3年生〜

図書館の本がきっかけでシャンプー&リンスをやめ、固形石鹸1本に。
定番はアレッポの石鹸、たまにマルセイユ石鹸(どちらも伝統製法の石けん)。

■大学生〜

同じくアレッポの石鹸。
石鹸の洗浄力は案外強いため、難なくキレイに髪ウォッシュ!マットな質感が好きで、ツヤ感で悩むこともありませんでした。

この頃は、強めのワックスで男の子みたいな動きのあるベリーショートを楽しんでいた頃。ニューヨークコレクションにヘア隊として参加されたこともある美容師さんに、イラスト描いて「こんなにしてください」と注文つけたり。。!!

■社会人〜

引き続きアレッポの石鹸生活。
たまに湯シャンしていた気もしますが、仕事に必死すぎて生活の記憶に乏しい頃。

■4年前位〜?

お湯でサラサラ♪な優れた自浄力に憧れ、本格的に湯シャンチャレンジ!

…なるも、週7は挫折。
季節や状態に合わせて、週2〜3は石鹸で、残りは湯シャン。

この頃、食や健康の裏事情?身体の仕組みを知ることにハマり、デトックスや断食をして遊んでいました。小麦粉シャンプー・塩シャンプー等を試すも、小麦粉シャンプーは作るのが面倒で1度で終了。

塩シャンプーのみでサラサラヘア&健康頭皮は今でも憧れますが未完。今の暮らしだと、塩だけでは洗浄力が足りない様子(大自然の中で暮らすのなら、空気中の排ガスや化学物質が少ないから湯シャンだけでいける気もする!)

■1ヶ月半くらい前〜

現状ベストがコレです。

・湯シャン:週5
・手作り炭酸水:週2
・獣毛ブラシで丁寧なブラッシング

この方法が今のところ気持ち良く、ツヤ感もサラサラ感も明らかにアップ!髪が柔らくなった感もあり、気に入っています。頭皮状態を鏡チェックしてもよい感じ♡

一時期は多め&ゆるくせ毛がコンプレックスだった髪の毛。サラッサラなストレートとは違いますが、私としてはツヤ感・触り心地・サラサラ感のどれもが過去ベストです。

(もともと、食事内容や添加物には気をつけていましたが、この4年程で食生活をイチから見直したのも大きいと思います。)

最近のヘアケアを更に少し詳しく…

自己ベストな最近の詳細です。

■湯シャン

言わずと知れた!
塩素対策をした湯船のお湯をかける形で洗っています。

■獣毛ブラシで丁寧なブラッシング

湯シャン成功の秘訣は、獣毛ブラシにあり?
と思うほど、する・しないでは湯シャンの汚れ落ち度が全然違う。あなどれない威力と美点に今さら感激しています。

上から下から横から裏から。

頭皮マッサージのように、気持ち良さも重視しながら毎日数分間。頭皮と顔面は切っても切れない関係なので、美肌にも良いはず!的思惑もありつつ、シマリスになり切る時間です。

ブラッシング後には、ブラシの掃除をします。
ミニチュア農耕具のような専用クリーナーでキレイによごれを取って終了(ドイツの老舗ブラシメーカーREDECKERのもの)。

昔は面倒で怠っていましたが、ツヤ感や湯シャンの仕上がりの違いを体感すると、嬉しくて自然と続けたくなる習慣。

私の髪は量が多くて硬めなので、猪毛を採用しています(イノシシさん、ありがとう。。。そしてめったに食べられないジビエも好きです、、、)。

少し使って「面倒」とお蔵入りしていた獣毛ブラシですが、今や手放せないアイテムとなりました。

つげ櫛生活にも憧れますが、強い髪なのか乱暴に扱ったためか安物だったのか、小学生のときに何度もつげ櫛の歯を折ってしまったので、自然なご縁がまわってくる時まで楽しみにしています。

語ると意外と長くなる。
が、まだ続く…

■手作り炭酸水

重曹&クエン酸を洗面器に各小さじ1〜2杯ずつ※。

お湯に入れた瞬間の「シュワワヮヮ〜〜っ!!」という楽しげな音が好き。炭酸水洗髪に初めて成功した翌日のサラサラ感は、ちょっと感動しました。

重曹もクエン酸も、ナチュラルクリーニングで大活躍する定番アイテム。ともに食品添加物グレードなのも安心です(炭酸水の材量は、クックパッドの自家製炭酸水と同じレシピです)。

※丁度よい割合は人によって違うと思いますが、重曹の入れすぎには注意!
というのも、私は適当〜に入れていたら重曹が多すぎたらしく、刺激が強くて頭皮イタぃかも…となったイタい経験があるので、、。

また、重曹はお湯に溶かすとアルカリ度が強くなります。温度が高いほどアルカリ度もアップするので、多すぎ注意的な。

キレイなお風呂場をキープできる心地よさ

使うものがシンプルだと、お風呂掃除もとても楽。ドロドロは一切出ないので、排水口もキレイに保てます。

前は石鹸カスだけ出ていたはずですが、使用量が少なかったためか、かるい掃除ですぐにキレイになっていました。

頑固なよごれは、一切ナシ!
石鹸→炭酸水への変化で、浴室掃除がもっと手軽になりそうな予感しかしません。

自然にも身体にも優しい炭酸水での洗髪は、お風呂掃除にも優しいのです♡(人も自然の一部だから、自然にも身体にも優しいというのも変な言い方か…)

食生活の見直し含め、満足する湯シャンスタイルを見つけるまでに4年程かかりました。

理想にまたひとつ近づけて嬉しい最近。。。