土・肌・腸の共通点をぼやぼやと。。。(美肌考

ずっとキレイな肌がいい
だったら何を、すればいい

興味があるモノ・人・事は
色んな角度から知りたくなる

肌とも良い関係でいたいから
肌や皮膚のことも知りたい

 

 

肌とは皮膚とは何なのだろう

一番気になる所は顔〜デコルテ
だけれどそれらはごく一部

肌を身体の「表面」だとすると
それはどこまで繋がってゆく?

身体の皮膚は、一枚皮
手先足先つながっている

それはどこまで繋がっている?
頭の先から足の先まで?

肌には、いろんな凹凸がある
顔にあるのは、目・耳・鼻・口

表面を切らさない穴?
内側に続くストローのような管(くだ)の入り口

それはどこまで繋がっている?

口を伸ばすと食道で、そのまま胃へとつながる先へと、口内→食道→胃→十二指腸→小腸→大腸→肛門。

口は閉じると塞がるけれど、鼻・耳・肛門、それらは意志では閉じられない。

私の身体の中にはいつも
貫通している管(くだ)がある

そこを通るは食べ物・飲み物

必要なものは吸収される
形を変えて、通り抜けてく

形を変えるは体液と
微生物たちの為せる技

見えない小さな生き物たちが
私の中で暮らしてる

彼らにとっては
私の中が生活圏

腸内や肌の表面は、土壌のようなモノかもしれない。腸内あらため ”町内”では、常に生死が繰り返される。

土・肌・腸内
そこにはまるで、小宇宙。

吸収・分解・排出しながら
暮らす場である”町内”を守る。

洗われすぎた表面からは、生き物たちがいなくなる。強すぎるものは場を狂わせる。(「洗う」の裏では、何かが流れて亡くなっている)。

乾燥したり荒れたりしはじめ、美しいソレも育ちにくい。対抗できずに小さなことでも敏感になる。保水力も落ちていく。

土が分解できないものと
肌のバリアを壊すもの
腸を弱らせ穴を開けるもの

これらの共通点は
とても簡単なのかもしれない。

問題を複雑にするは
いつも私の頭の常識・打算

。。。

食道から肛門までを、身体を貫くストローのような管だとすると、内側にある外側の世界が見えてくる。

チクワのような一枚皮。
ひっくり返すと裏側にあった、口内・小腸・大腸それらが表にやってくる。

トンネルの中は、内側にある外界の世界。ぬけたら雪国、異世界とをつなぐ道、、、

、、、完全に、止め時を見失いました。
毎度ながらまとめる力もなくなったので、今日もこれにて終了です。、、、

続きはたぶん、このブログ各記事の裏側に。。。

 

※「ちくわ」の表現は、福岡伸一さんの「動的平衡 —生命はなぜそこに宿るのか」によるものです。(2009.木楽舎)

身体は1本のチクワ。
その発想は無かったのですが、確かに。。面白くて一人会議、、、。