エンドウと私の共通点。家庭菜園3ヶ月

家庭菜園3ヶ月。
朝おきてすぐ、べランダに生きる植物たちを眺めることは毎日の楽しみです。

プチ事件はありつつも、すくすく育つ個体もいます。毎朝、目に見える変化を見せてくれるツル性のエンドウは、観察すると面白い。

葉っぱはみんな、太陽の方を向いている。
意地悪をして、プランターを逆向きに変える。葉っぱの表が太陽とは逆を向く。

でも次の日には、葉っぱの向きが変わる。どれも再び太陽の方を向きはじめる。

ツルの先は、巻きつく先を求めて迷う。
巻きつけるものを見つけたら、草でも棒でもしかと巻き付く。決まって光のある方へ。

水が乾くとしなびれる。
水やりをすると、数時間後には元気になってる。

、、、。
生きている。

小さな苗を植え替えるとき、元気に育っているのか心配でした。だけれど見えない土の下では、何倍も長く根を張っていた。

右へ左へ、上へと下へと動く。
それはホントに「生き物」なのです。

土から動きはしませんが
それは私も同じこと。

私はまだ
地球を離れて息ができない

宇宙からみたら
地球はちいさな一つの砂粒

砂粒のうえで
右へ左へ、下へ上へと動く

光を感じる方へと伸びて
巻き付く先を探してる

プランターのエンドウは
ぐるぐる大きくなっていく

ツルの先が渦巻くならば
その本体も渦巻きながら伸びていく

私は悩むとグルグルし出す
似たようなことを繰り返しながら
螺旋階段のぼり途中

朝と昼夜、巡る季節
途切れない円は続いていく

地球も月もまわってる
太陽系も銀河もまわる

。。。

毎日エンドウをじーっと眺めながら、植物と動物の違いがよく分からなくなっています。

でもそれはとても自然なことかもしれません。
私は、言葉はモノの名前は、どこか世界を区切るものみたいだと思っています。

色の名前も音の名前も光の名前も
波長の違いを数字で区切る

波の現れの違い。
一部分だけを取り出したもの。

UV・IR・X・Hz・2ch・3ch・FM・AM・wifi … prrrr

テレビもラジオも携帯電話も
特定の波を捉えた道具。

すべての動物や植物、臓器にさえも
特定の周波数があると聞きます。

。。。

ぜひ、高画質で、、、

※2・3個目の画像は上記You tube動画より。(創れたら素敵ですが、私が作ったものではありません。