カラスの声きき。学ぶと開く新たな世界

ある日カラスが「アワワ」と鳴いた

見上げるとカラス

カラスがアワワと鳴くなんて

以来、カラスの本をいくつかパラパラ。
これがなかなか面白い。鳴き方の豊富さだけではなくて、カラスの生態・存在に興味。

数ヶ月前から私の中で
カラスが可愛い存在と、なりました。

カラスは早朝にも鳴いている。
気がついたのは、最近です。

夕方メインで鳴くものなのかと勝手に決めつけてた頃は、早朝カラスの鳴き声を聞いた覚えは無いのだけれど…。

カラスの親子を目にしました。
それは最近、生まれて初めてな気もする。

カラスの子どもを大きさと声で、見分けられるようになったような…。。

朝のカァカァ、子ども特有の鳴き声、子育て。それらは毎年あったはず。だけれど私の世界には、今まで存在していなかった、無かったものです。

新しいものに意識が向くと
新たな世界が生まれる不思議

今まで知覚できなかったもの
私の中に 登場し出す

何かを学ぶと
新たな視点が手に入る

別の視線で世界を見ると
世界は違うものになる

外の世界は変わってないのに
私の中がひとつ変わって
可愛いカラスが生まれました。

。。。

今朝の寝起きのカラスの鳴き声。
あれはきっと、巣立ち前後の子どもな気がする。遠くの誰かと鳴き合っていた、気がします。

子どもカラスの鳴き声は、大人カラスよりすこし高い。甘えたような可愛い声です。子どもの声が高いのは、人と同じような理由、なんだろなぁ。

、、、

八咫烏(ヤタガラス)。
古事記に出てくる、三本足のカラスの名前。

年頭すこしハマっていた古事記では、八咫烏は道案内役として活躍してる。昔カラスは吉兆だったとか。

最近はじめた新しいこと。
分からないことや戸惑うことは多いですが、カラスがくれる豊かな時間は一休みへの道案内。。。

 

※写真は、今日も愛嬌たっぷり、まるまるとした 可愛いナスです。