歪(いびつ)さをこそ、愛したい。正義とアンパンマンとバイキンマンの関係

自分の行動は正しかったのか、間違っていたんじゃないだろうか。自分の「正義」をふりかざして否定はすれど、代替え案すら出していなかった。

仕事で行き詰まり「正しい」の“答え”を探していた時に、本屋さんでストンと身体に入ってきた「アンパンマン」で有名なやなせたかしさんの言葉。

正義のための戦いなんてどこにもないのだ

正義はある日 突然反転する
逆転しない正義は献身と愛だ

目の前で餓死しそうな人がいるとすれば
その人に
一片のパンを与えること

正義なんて正しいなんて
立場が、見方が、目的が変われば
コロッと変わってしまう。

世間体や常識で見たらとんでもないことをしている人でも、それがその人の命がけの「正義」ということもあるかもしれない。「正義」という建前のさらに奥にある、自分が持っている価値観と判断基準は何だろうか。

考え方・思考・目的・利害関係。
「正義」は、人の数だけあるのかもしれない。「正義」の中身を見ても分からない、「正しさ」の蓋を開けても分からない。その先にあるものは何だろうか、その先に、何を見た結果の「正しい」なのだろうか。

アンパンマンにはアンパンマンの正義。
バイキンマンにはバイキンマンの「正義」。

正しさを主張すればするほど、正しくない人が作られる。
正義を主張すればするほど、悪は色濃くなっていく。

スクリーンショット 2016-07-04 13.57.06
大好きな吉岡徳仁さんの作品。
スマホ撮影OKだったので迷わずパシャリ。反射する陰影がとてもキレイです。

 

ー歪さ[いびつさ]ー

正しからず。
正しくないと書いて
歪(いびつ)。

 

パーフェクトにはなれそうにない。
アンバランスで、でこぼこで、できないことも、たくさんある。逃げもするし、人を嫌いもする。

効率悪くて間違いもしまくる臆病なのに、そのくせ結局、自分が1番かわいいくて自分が正しいと思っている(タチが悪い)。

「正しい」よりも「歪(いびつ)さ」にこそ、その人らしさは、出るのかもしれない。

 

□引用:やなせたかしさんの著書・『アンパンマンの遺言』(岩波現代文庫)より