日々に散らす白魔法

「痛いのイタイの、どんでいけー!」

子どもの頃、痛みが和らぐ気がした少し。

かるく死にたい気分になったとき
何度もきいて助けられた音楽

意外できれいな言葉の組み合わせに
凹んだ自分がすこし、どこかへ行った詩集

どん底気分な時に
キレイに咲く花に気持ちが数ミリ軽くなった

気持ちがスーッと晴れた理由は
気持ちよくなる洗練された空間

。。。

 

具体的に、何が動く訳ではない。
重たい心がすこしだけ軽くなる。一瞬ほのか、1ミリだけの光がみえた。小さいけれど、真っ暗闇にはとてもとても、大きなことでした。

日々に散らす白魔法。

 

。。。

壁一面、真っ赤な部屋にいるとき
壁一面、真っ青な部屋にいるとき

それぞれ目隠しをして、身体の心拍数?が何かを図る。すると、明らかに数値の違いが出ました。むかし本で読んだ実験。

青と赤、どちら色の部屋にいるとき心拍数(だったか?)が上がって下がっただろか。その答えは今「なんとなく」と予想した方で合っているのだと思います。

 

例えば、有名な「ブーバとキキ」の実験然り。

ここにある紙、2つの形が描かれています。

1, まぁるい形
2, トキトキに尖った形

これらの名前は、それぞれ「ブーバ」と「キキ」です。さて、どちらがどちらでしょうか?

実験では、9割位の人の答えは同じになったようです。こちらも同じくその答えは。「こっち?」と思った方が、そうなのかもしれません(例え1割の方だったとしても、それが間違っているというものでもない)。

 

大人の事情を知るにつれて、ガッカリしながら置いてきたもの。私はたくさんあります。だけれど最近は実は。

子どもの頃に普通に信じていたものが、ホントにあるかもしれないらしい。そんな真面目な研究が、世界にはたくさんあるとかないとか。

 

痛いのイタイの飛んでいけ
痛みが和らいだのはなぜ。

握ってもらったおにぎりが
今でもとても、美味しい理由は。

 

目に見えるものだけではない世界。

散りばめたいのは、やさしい白魔法。

学問常識、どんどん変化していく塗り替えもられている。すべては一時的であぁ、祇園精舎の鐘の声、なのかもしれない。

だけれどそんな、最先端かつ古代的なこと。一端でも知ることができるのは楽しいなぁと思います。

 

感覚

Posted by 12