解体できる木組みのジャングルジムあそび

実りの秋の  収穫祭
ちいさなお寺のお祭りへ

自然栽培の  採れたて野菜や
手作り味噌が並ぶなか

すこし珍しかったのがコレ

みんなで組み立てた木製ジャングルジム「くむんだー」です。

「創る・登る・解体する」のすべてを、遊びながら体感できる伝統建築のワークショップ。公式サイトの説明によれば…※

「くむんだー」は、国産材で出来た柱や横材を組んで楽しむ木育玩具です。

日本の伝統木造建築のように、柱に空けた穴に、貫(ぬき)と呼ばれる横材を差し込み、クサビを打ち込んで固定していきます。

釘や接着剤等はナシで、何度でも組み立て・解体可能。まさに「組み木」。最初と最後は全く同じ、バラバラの木材になるのです。

午前中:バラバラの木材を組み立て
お昼頃:ジャングルジムが完成
夕方頃:解体完了

創るカタチは様々に、使用後には素材に戻る。風呂敷や着物の帯、折り紙に通じる、折り畳める美学のようなものを感じて面白い。

私は、短時間参加。
1つだけですが木槌で楔(クサビ)をトントン打ち込み、久しぶりにジャングルジムに登って遊びました。

 

木組みの家は、非常〜に大雑把にいってしまえば、木組みを骨として、あとは天然素材で身をつけていく感じとか。

おぉぉぉ。。。。!
伝統建築、憧れてはいましたが、間近で体感できる喜び、、、。


木の香り優しく、見目うつくしひ…。

実は伝統建築の家に住みたいという密かな願望があり。先日は、築200年の古民家ゲストハウスに宿泊しました。天然素材の空間は、呼吸しているようで気持ちがよかったです。

「五重の塔」の地震への”しなやかさ”は有名ですが、木組みも、ある程度まではしなれるのだとか。

すこし話は変わりまして。
この夏より、防災グッズのプチ研究を、しています。

盲点だったは防毒マスク。
近代建築が壊れるときには、多くの毒(気体)が発生してしまうのです。それらの多くは昔は無かった材料が原因だとか。

食べ物・衣類などの日用品は意識していましたが、考えてみれば確かにそうか。どれも、入れた使ったものが、出てくるそれだけ。

。。。

数百年〜数千年かけ、淘汰されては磨かれてきた伝統。角度を変えて、ひとつ何かを知るたび「伝統」と呼ばれるものの、素晴らしさに気がつきます。

それは何世代にも渡り、日本人がずっと自ら ”人体実験” してきたと言えるものかも。心配性で、自然との暮らし方を考えている私はそこに、安心と感動を見つけるのです。

ガラスを使わぬ障子窓や、モノはすべて押入れにしまう文化は、技術の進歩などはあれど、地震のことも考えて?

昔のタンス素材の桐(キリ)は、日本で最も軽い木材。倒れたときの安全を考えたなら、家具は軽い方がいいな。

さらに桐は、水をたっぷり吸収できる木材。
水害後の桐箪笥、中にいれた着物はなんとか無事だったという話あるとか。水に囲まれた国、ならではの、桐チョイス?

。。。

ジャングルジムに登って遊んだ次の日、見事に筋肉痛。理想を色々いってはみても、仕事メインで運動すくない毎日です。もう少し筋力・体力つけていこう。。。
畑は体力、とてもつきそう。焼けるのと虫が気になる現代人だが、ゆくゆく・少しずつ。。。

 

・木組みの詳しい様子はこちらのブログに詳しいです(私が行ったのはこのお祭りです)。
http://nature-to-life.house/archives/7069

※引用:くむんだー公式サイトより
https://kumundar-kyokai.net/about/