日々のちいさな驚き

15/02/2019

「ほおづき」を頂きました

お庭に植わった苗からその場に落ちて
破れたかわいいほおづきを

そのままパクっと食べました

。。。

ほおづきを食べたのは、生まれて初めてかもしれません。食べられる食用苗があることもつゆ知らず。甘いような酸っぱいような、不思議な味がしました。

 

次へとつなぐ種の実を
やさしく包む  薄い膜

破れそうで透けている
薄くてザラザラとした膜

中には大切そうに育った
ツヤツヤつるつる ちいさな実

ぱくりと何個か食べました

ひとつの命を奪いました
かわいい種を食べました

 

 

すぐに破れそうな膜も、キレイでした。
貝のように固く身を守っている訳ではないけれど、だからこそより、大切そうに見えました。

 

先日は、包丁で一息にスパッと切ったかいわれ大根の切り口。黄緑色や黄色がかった瑞々しい白色…(こう書くと、なにか残酷なことのようにも思えてきます)。

 

そんな日常の一コマ。
いちいち止まって感動できるちいさな日々が、私は本当に大切で幸せを感じます。

 

”忙しい” と見失いがちな
日々のちいさな感動

私には それらがとても
生きる彩りとなっています。