頭のなかの不要なキャッシュを削除:PCとわたし

04/03/2019

最新OSへアップグレード
…からの動きが鈍くなるPC(mac

あぁ、苦手だこういうの
アレコレ調べて対応をする

不要なものは削除
不具合になると強制終了

つづく設定変更・修復・整理・再起動

 

。。。

コレは何か似ている
それはアレだ、私の頭のなか

。。。

 

新しい仕事・新しい環境
すると変わるは今までの常識

過去の常識に縛られていては
動きがとても 遅くなる

 

ちいさなキャッシュも
積もれば動きを鈍くする

すこしの我慢や嫌な出来事
蓋をしたまま抑えた気持ち

それらが積もると
私は動きが鈍くなる

 

内臓メモリは限界がある
重いデータは外付けハードディスクで管理

私が覚えていられることも有限
頭がいっぱいになるとパンクする

だから私は頭を空にするために
手帳にメモにノートに書き出す

 

衝撃的な出来事への防御策として
勝手に作った思い込みや価値観も

手放せば軽くなる
不要なキャッシュは どこにある

行動を決定を 鈍くしている設定は
どこのファイルの奥底で
そのままになっているのだろうか

。。。

頑張りすぎ働きすぎ
我慢しすぎ人目を気にしすぎ

フリーズして半ば強制終了した後
回復する過程の自らを振り返れば
まるでPC修復作業

私と愛用macの重なるところ

行動の背景にある価値観は
いつどこでインストールしたのだろうか

その考えの奥にある大前提は
どの出来事で設定されたのだろうか

 

PCは電気で動いている
わたしもそうだ
体内を巡る電気があるから動ける

不要なキャッシュやアプリは削除
重たすぎるセキュリティは再検討

その警告は、その設定は
大人になった今でも必要だろうか

(だけれどそれらも わたしを必死に
支えてきた とても大切だったもの)

。。。

なにやら面白い比較。
そうこう苦戦しながらも、何度もの何日かの試みでPCは無事にサクサク動くようになりました。

しかし それより iPhone5。
長くお世話になっていましたがこの数日、スマホが全く動きません

スマホ無しは、なかなかの静か暮らし。
これも良いのかもと思いつつ、しかし現実的に必要なので、そろそろ修理屋さんへ。。。