[地球的美容:考]土壌をきれいにすること∽肌をきれいにすること

27/06/2019

勝手に名付けて遊んでいる地球的美容

適切なエビデンスなどはよくも分からず
軽く突っ込まれたならグゥの音も出なそうな

しかし感覚のまま
土壌と肌の相互関係つぶやきを…

 

 

見た目・大きさ・事象・モノ
全く違うコレとアレ

全然別なのだけれど
実は実は
同一だなぁと思うもの

私には
そういうものが幾つもあります
(相似形探し

 

同一というと
語弊があるかもしれませんが

表面的には完全に違う、でも

全く同じ構造をしている
おんなじカタチを持っているもの

 

例えば・・

○○がイヤで
職場を辞めて転職したのに

新しい職場でも
全く同じ○○という問題が起きている

これと似たようなこと
(しかし私は逃げるも大事と思っています、時と場合)

あ…うまく話がつなげない…
ので、すこしワープを発動

 

。。。

そこで思うは、肌と土。

前にも一度書いたことがありますが
これらは全く似ているなぁと思うのです。

 

私の中では
どちらかを本質的な意味で
キレイにしたいと思ったら
「お化粧」は別。一時的&表面的なものとは分けて

どちらに働きかけたとしても
(非常に長い目でみたら)結果は同じ

どちらもキレイになると思うのです。

※ただし、周期が大きすぎて
非常に見えづらいとは思います。

 

フラクタル
探すのは、ダイナミックな相似形

 

健康な肌を作ってくれる
肌表面で生きている常在菌

豊かな土を作ってくれるは
土を耕す微生物や小さな生き物

 

肌の表面にある
死んだ細胞とも言われる角質

落ち葉のように幾重にも重なり
刺激や乾燥から守ってくれる

 

土の表面にある
木から落ちた枯れ葉

何層にも重なり重なり
土の乾燥を防ぎ養分となる

 

。。。

 

いっときの美のために
刺激の強いものを使いすぎ

肌を守り育てる微生物が
流され住めなくなった肌

肌が自ら潤えなくなったなら
何かを与え続けなければ
乾燥して守れない

防御力も潤い力も衰えたなら
シミや肌荒れしやすそう

 

何かを一時的にコントロールするために
刺激的で便利なナニカを使いすぎ

土壌を守り育てる微生物や生き物達が
消されて住めなくなった土

草木が自力で育てないほど
痩せた土ができたなら

さらに何かを添加し続けないと
そうしてさらに土は痩せてく連鎖

たっぷりな水分を
蓄えることができないから

洪水や土砂崩れ 起きやすそうだな

(だけれど悪者にされがちな便利なナニカは
ただただ、それらを求める人が多いから活躍してくれているだけ

。。。

 

肌と土
違うところは山のよう。

けれども本質的な意味でどちらかをキレイにしたいと思った時。根本的に、どちらかの生命力のある健康的なものにしたいと思った時。

すべきことは とても似てくるのかな
することは同じこと、なのかなと思うのです。

土にも肌にも結局は
おおきくまわる  同じ水が流れている

 

土は美肌を作る食べ物・空気・環境もつくる
(植物の住処という意味で)

土にやさしい暮らしをすれば
まわりまわって美肌につながる

情けは人のためならず

 

なんて利己的な、わたし。。。

 

(関連記事)

>>土・肌・腸の共通点をぼやぼやと。。。(美肌考

>>エンドウと私の共通点。家庭菜園3ヶ月

↑最後に、非常に美しい計算式?を使った宇宙を体感できるyoutube動画リンクがあります。