人生で一番美味しいかったお醤油:手前醤油

18/11/2019

この2ヶ月程。
贅沢にも、人生最高のお醤油を使っていました。

煮物の味付けも、それだけで十分に美味しい。
出汁もいらない、材料もいつもと同じ。

お醤油だけで、美味しい。

「まろやかでコクがある」
まさに何かの宣伝文句そのまま。

どんなお醤油かといえば
ただひたすらに、手前味噌。

2月か3月頃に仕込んだお味噌
重たい重しをのせてそのまま。

8月終わり
味噌かめからなにか出ている?

まさか腐らせた?かと思いきや
それはそれは、上等な ”たまり醤油”。

1リットル程のたまり醤油の上澄み。
砂糖も出汁も使ってないのに
とろみのある自然な甘さと味の深さ。

本当に美味しいお醤油でした。

。。。

そして小さな悲劇はやってきます。

昨晩ついに、そのお醤油が、切れたのです。

。。。

あぁ本当に、今までで一番美味しいお醤油でした。
ありがたいことに、調味料はいつも割と良いものを使っています。お醤油・お味噌は本当に昔ながらの方法で本当に発酵しているものです。

あぁ、なのに、それなのに。
こんなにも味が違うとは、驚きです。家で育った天然醤油。きっと私に一番あった発酵の菌がいたはずだ。きっとオーダメイドな美肌菌バランスだっただろうに。

手前味噌、ならぬ手前醤油。
調べれば重しが重たすぎると多めにできるとか。うーん来年からはどうするか。重しの調整も難しい。ですがとにかく美味しいお醤油でした。

 

そうして思うは素材の重要さ。
素材が良いと、料理がほんとに楽なのです。

大成功した手作り味噌なら、昆布や鰹出汁なしで美味しい。文字通り「味噌だけ」の味噌スープでも美味しい。

昔ながらの農法で丁寧に作られた野菜。
そういう野菜だと野菜から「出汁」のようなものが出る感じがする。多くの調味料は不要。

皮も安心して使えるから尚さら味わいしっかり。
普通の野菜だと、色々考え皮むき使うも、生産者の分かる野菜なら安心して皮ごとゴロリ。生ゴミの量も自然と減るし、料理の手間もひとつ省ける。

。。。

今年も残りあと2ヶ月。
時代は着々と変わりますが

やさしい世界が広がりますように。。。

 

Posted by 12