タロの夜(おはなし

さむいさむい
月もみえない冬の夜

いいなぁ
あの子は暖かい家

いいなぁ
あの子は母さんと一緒

いいなぁ
あの子は温かいごはん

さむいさむい
ぼくには母さんも家もいない

お腹もすいた
なんでこんなに違うんだろう

 

子グマのタロは
疲れて寒くて雨宿りできる場所を探す

雨か涙か分からない
なんで僕だけこんなだろうか

大好きだった母さんは
僕にごはんをくれたあと

ドーンと大きな音に打たれて
そのまま倒れて動かなかった

お腹もすいたし寒いなぁ

雨のなかをとぼとぼ歩く
子グマのタロは泣いている

 

それを見つけた地球の裏の
さんさん輝く真昼の太陽

あぁ 子グマのタロは寒かろう
今すぐ照らしてあげたいなぁ

暖かい光 明るい光

あと半日だけ待っててね
暖かくしてあげたいなぁ

 

それを見ていた
雲の上のお月さま

子グマのタロは悲しかろ
やさしい私の光で
今すぐ照らしてあげたいなぁ

明日の晩は晴れるから
悲しみすこしは和らぐだろか

 

それを見ていたお空の母さま

かわいいかわいい私のタロ
どうか元気に育っておくれ

 

打ち付ける雨もできるだけ
タロのまわりは弱くなろうと頑張る

だけれどタロには分からない

真っ暗闇の寒い夜
雨にうたれて泣いている

朝まではまだ長い
どうかどうか
タロが守られますように

 

 

 

おはなし

Posted by 12