初のレッスンウェアとBelly dance JAPAN、骨盤アプローチに知的興奮。

楽しみにしていた、ベリーダンスの
初☆レッスンウェアが届きました。

…だいぶ前に、、、。

 

スクリーンショット 2016-08-03 12.22.02

 

レギンスありで露出少ないですが
やっぱり気分が上がります。

 

そしてコチラ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-12-44-03

 

雑誌「Belly dance JAPAN vol,36」。
骨盤解説が見たく、こちらも初・買ってみました!

「骨盤」という骨はなく、「2枚の寛骨・仙骨・尾骨」3つから成っていること。
女性の出産時にだけ動く関節、関節の”あそび”部分の大切さ(これは「無用の用」にもつながりそうな、私の中での重要テーマ!)、、、。

足裏から重なる、積み木のような幾つもの骨。
その骨を動かすは筋肉。

筋肉に指令を出す神経は脳からの伝達を受けて。
骨盤と筋肉に包まれ守られているのは子宮や腸などの臓器。

臓器に栄養を送る血液は心臓のポンプで全身を駆け巡る…。

 

小宇宙とも呼べる一つの身体。
部分単体で生きている訳じゃない。

完璧ともいえるバランスのもと
成り立つ身体、生命。

身体を知ることそれは
人と自然との関わり方にも繋がること。

 

学ぶは楽しだなぁと、夜中に読みながら感じてました。愛すべき私たちの身体のことや自然な仕組み、もっと知りたいなぁと思います。

(でもコレと別の話では、脳が指令を出すゼロコンマ数秒前に筋肉の方が勝手に動いているというステキな話もあり♡人は、脳だけで生きてる訳じゃない♡)