この記事を読む

レア情報は金なる木…からの、みつを節

レア情報は金なる木 貴重なものは高値がつくぞ 珍しさは声高らかに アピるが謳うが吉だ 限りあるダイヤ 1日数gしか出ないエキス 地域限定期間限定 季節限定素材限定 。。。 他の誰ともカブらない 世界のどこにも見当たらない 何十何百何億のなか…

この記事を読む

超個人的「学ぶ」の定義。早朝散歩の香りきき

朝の香りが大好きです。 街中でも感じられる草木の香り。 日が昇り切るに連れ 消えていくのも好きなところ。 。。。 今朝は早起きできたので 街が起きるまえ早朝散歩。 暑い季節になってきた。 だけれど朝はひんやり涼しい。 四車線ある県道沿いに …

この記事を読む

エンドウと私の共通点。家庭菜園3ヶ月

家庭菜園3ヶ月。 朝おきてすぐ、べランダに生きる植物たちを眺めることは毎日の楽しみです。 プチ事件はありつつも、すくすく育つ個体もいます。毎朝、目に見える変化を見せてくれるツル性のエンドウは、観察すると面白い。 葉っぱはみんな、太陽の方を向…

この記事を読む

月の話と虫除けスプレー。言葉のかくれんぼ

今夜は満月。 旧暦にすると5月15日。 和暦では 月の日にちは月の形。 毎月1日、新月 毎月3日は三日月。 毎月十五日の夜は 大体まんまる満月です。 新しい月はいつも暗闇 新月からのスタートです。 月立つ、ついたち 毎月末は月籠る(こもる)…

この記事を読む

後悔は未来への気持ち、始まりはいつも未来から。

こうなりたいな アレがほしい 始まりはいつも未来の自分 消したい過去や黒歴史 しなきゃよかったあんな事 後悔はとても前向きな言葉 未来を憂うと出てくる気持ち だって…の先の  またその先に 在りたい未来を見つめてる 後悔のすこし先にある 見…

この記事を読む

母国語アプリが落ちるとき。デフォルト起動の価値観を整理

ここは日本。 ボーッと電車を待っているとき。 まわりの会話が外国語のよう。 音としては耳に入る、でも 何も聞き取れない自分。 ん??何語…? 母国語の日本語の、外国語感。 (脳内どこかの日本語スイッチを探す数秒)、、、。 日本語脳を、探して…

この記事を読む

思い出は、思い出すから思い出なんだ。夢や希望は未来の思い出。

思い出は、思い出すから思い出なんだ! 誰しもありがちな「ひとり世紀の大発見」をして、しばし沸き立っていました。 が、それもつかの間。 「思い出すから思い出」とぐぐってみると、やはり既に先人ありき。 糸井重里さんの著作「思い出したら、思い出に…

この記事を読む

「うぇーいww」という言葉のゆるさを取り入れる

時々。深刻になるとき。 「うぇーいww」という言葉のゆるさに助けられる時があります。 私は、良くも悪くもマジメな性格。 気づくと色々、深刻に思い詰めてしまいがち。 …なのですが、最近、私の「よく使う単語集」の中に取り入れたい言葉があります。…

この記事を読む

顔文字と日本文化。見立て・文字と絵の距離感

メールでネットで。 電子画面表記で使われる顔文字。 種類とバリエーション、表現の豊富さ。 とても面白いなぁと思います。 ( ; _ ; ) 無機質に記号名で読めば「かっこ セミコロン アンダーバー セミコロン かっこ」。でも、一つの顔として…

この記事を読む

ことばの限界。大きすぎるザルの網と分断された世界。

本当に何かを伝えたい時 ことばは、いつも役に立たない。 強い感動ほど、言葉にする程に どんどん安っぽくなっていく。 昔からこう思っていました。 そうして最近、この謎が解けました。   パリの老舗デパート「ギャラリー ラファイエット…

この記事を読む

言葉への落とし込み作業と珈琲を淹れる作業との共通点。

私は、思ったこと感じたことを上手く言語化するのが苦手です。 強い衝動や感情、モヤモヤや曖昧な気持ち…。 その時そのまま言葉にできたらいいのですが、人に伝えるために言語化するためには数日必要なこともあります。感覚では何となく分かるけれど、言語…

この記事を読む

言葉にならなくてどうしよう…(軽い絶望)状態に勇気をもらえた言葉

言葉なんて役に立たない。 伝わらなすぎてもどかしい。 どうでもいいことは一瞬で伝えられるのに 一番大切なことは、何にも伝わらない。 そんな時に助けられた言葉があります。 相手に伝わらなくてもいいんだと思ってその純粋さをつらぬけば、逆にその純…

この記事を読む

言葉にならなすぎて、、、!足りなすぎて歌に文学、絵になるよ!

感動が強ければ強いほど、言葉にすると安っぽくなって悲しくなる。言葉のザルの網が大きすぎて、感動を救ったその手から、気持ちがポロポロとこぼれ落ちて落ちてしまう… どーでもいい事ほどスパッと伝わるのに、本当に伝えたいことであればある程、伝わらな…

この記事を読む

ことばで伝えられる限界とその対処法(名言セラピー的な

言葉なんて役に立たない。 伝わらなすぎてもどかしい。 どうでもいいことは一瞬で伝えられるのに 一番大切なことは、何にも伝わらない。 そんなふうに思っていた昔の私に。 芸術家・岡本太郎さんの言葉と、最近分かったこと。  相手に伝わらなくてもい…

この記事を読む

歪(いびつ)さをこそ、愛したい。正義とアンパンマンとバイキンマンの関係

自分の行動は正しかったのか、間違っていたんじゃないだろうか。自分の「正義」をふりかざして否定はすれど、代替え案すら出していなかった。 仕事で行き詰まり「正しい」の“答え”を探していた時に、本屋さんでストンと身体に入ってきた「アンパンマン」で…

この記事を読む

もしもピンポン玉がビンボン玉だったら。耳を澄ませば、みえてくるもの

歴史に「もし」はないといいますが。 もしもー ■もしも1 もしも、ピンポン玉が ピンポン玉[pinpon]ではなく ビンボン玉[binbon]と命名されていたら。 空気を含んでピンポンと、 可愛らしく軽く飛び跳ねるサマはまるでなく  一度鈍…

この記事を読む

ことばの前。言葉になる前その一瞬の、純度しかないその瞬間

何かを「考える」とき。 普段わたしは普段「言葉」を使っています。 でも、何かを「感じる」とき。 そこに言葉はありません。 ハッとしたその一瞬。 何ともいえない状態。 ん??とハテナが飛んだ時。 面白くて、ただただ、涙が出るくらいに笑っている…