この記事を読む

思い出は、思い出すから思い出なんだ。夢や希望は未来の思い出。

思い出は、思い出すから思い出なんだ! 誰しもありがちな「ひとり世紀の大発見」をして、しばし沸き立っていました。 が、それもつかの間。 「思い出すから思い出」とぐぐってみると、やはり既に先人ありき。 糸井重里さんの著作「思い出したら、思い出に…

この記事を読む

ことばの限界。大きすぎるザルの網と分断された世界。

本当に何かを伝えたい時 ことばは、いつも役に立たない。 強い感動ほど、言葉にする程に どんどん安っぽくなっていく。 昔からこう思っていました。 そうして最近、この謎が解けました。   パリの老舗デパート「ギャラリー ラファイエット…

この記事を読む

言葉への落とし込み作業と珈琲を淹れる作業との共通点。

私は、思ったこと感じたことを上手く言語化するのが苦手です。 強い衝動や感情、モヤモヤや曖昧な気持ち…。 その時そのまま言葉にできたらいいのですが、人に伝えるために言語化するためには数日必要なこともあります。感覚では何となく分かるけれど、言語…

この記事を読む

音楽と正義の話/12個、5つ、22個に106個、そして500色の色鉛筆。

大学まではピアノの先生を目指して音楽を学んでいました。 ただ、どうしても「聴音」が苦手で…。 むかしピアノ調律サボったせい。 「聴音」というのは、音を聞いて楽譜にするというモノ。 口ずさむ耳コピはできても、音と音名がすぐには一致せず…。大学…

この記事を読む

空白余白、無駄なこと♡それらは豊かで美しいもの

広告をつくる仕事をしていたことがあります。 最初に伝えたいこと訴えたいことがあって、それを伝える手段の一つとして広告やチラシを選んだら制作に入ります。 お知らせしたいことが沢山あると アレもコレもと、たくさん掲載したくなります。 広告に、白…

この記事を読む

消えるから、の美しさ。変わり続けること生きてること。

アイルランドの歌姫・エンヤの音楽が好きです。     And all the stars without a name And all the skies that look the same And all the c…

この記事を読む

歪(いびつ)さをこそ、愛したい。正義とアンパンマンとバイキンマンの関係

自分の行動は正しかったのか、間違っていたんじゃないだろうか。自分の「正義」をふりかざして否定はすれど、代替え案すら出していなかった。 仕事で行き詰まり「正しい」の“答え”を探していた時に、本屋さんでストンと身体に入ってきた「アンパンマン」で…

この記事を読む

蚊に刺されて痒い場所を寸分違わず知らせてくれる身体の凄さ

昔から、蚊に刺されたその場所が、寸分足りとも違わずに痒くなることが不思議でした。 完全に無意識なのに、1ミリも狂わず、かゆい場所を的確に知らしめてくれる身体感覚は凄い。何なら、寝ていても無意識に掻いていたりする。かゆい場所を間違えることはな…

この記事を読む

サーカスの象的だった身体感覚を取り戻す。ふんどしパンツと布ナプを使ってみて

幼い頃、足を鎖でつながれて 痛かった動けなかった。 そうして大きくなった サーカスの象。 鎖が怖くて動けない。 痛くて怖い そんな気がして動けない。 (もう、鎖はないのに。)   たとえ鎖があったとしても それを破れる力さえ 持っているかも…

この記事を読む

もしもピンポン玉がビンボン玉だったら。耳を澄ませば、みえてくるもの

歴史に「もし」はないといいますが。 もしもー ■もしも1 もしも、ピンポン玉が ピンポン玉[pinpon]ではなく ビンボン玉[binbon]と命名されていたら。 空気を含んでピンポンと、 可愛らしく軽く飛び跳ねるサマはまるでなく  一度鈍…

この記事を読む

ことばの前。言葉になる前その一瞬の、純度しかないその瞬間

何かを「考える」とき。 普段わたしは普段「言葉」を使っています。 でも、何かを「感じる」とき。 そこに言葉はありません。 ハッとしたその一瞬。 何ともいえない状態。 ん??とハテナが飛んだ時。 面白くて、ただただ、涙が出るくらいに笑っている…