この記事を読む

超個人的「学ぶ」の定義。早朝散歩の香りきき

朝の香りが大好きです。 街中でも感じられる草木の香り。 日が昇り切るに連れ 消えていくのも好きなところ。 。。。 今朝は早起きできたので 街が起きるまえ早朝散歩。 暑い季節になってきた。 だけれど朝はひんやり涼しい。 四車線ある県道沿いに …

この記事を読む

具体のむこうに流れる何か

大きさ違えば  濃さも違う 私の少量。小さな命には 大量。 一ヶ月前はキレイな白花 私の失敗  今は枯れ草。 、、、 順調だった家庭菜園。 毎朝おきがけの植物観察を楽しみ、花の後には、かわいい実をふくらませていたスナックエンドウが… 【悲報…

この記事を読む

セキユの気持ち

24時間365日 人間のために働いている 固いもの 柔らかいもの 流れるものや見えないもの 姿カタチを変えながら 色んなモノコト創ってる   暑い夏は 涼しくしてる 寒い冬には 暖かく 身体を髪を 彩る香る 汚れもキレイにピカピカ…

この記事を読む

電車で街で、無言で香りの自己紹介。

お店や道で、すれ違う人 無言で香りの自己紹介。 ・古着屋さんの、服着てます ・ケーキorスイーツ買ったよ ・柔軟剤たっぷりはマスト ・さっき珈琲のんできた ・ファーストフード食べたあと ・ケミカルナプキン使ってます(!) 人工的な香りを、減…

この記事を読む

「うぇーいww」という言葉のゆるさを取り入れる

時々。深刻になるとき。 「うぇーいww」という言葉のゆるさに助けられる時があります。 私は、良くも悪くもマジメな性格。 気づくと色々、深刻に思い詰めてしまいがち。 …なのですが、最近、私の「よく使う単語集」の中に取り入れたい言葉があります。…

この記事を読む

恨み辛み嘆き悲しみ咲く時に♡オススメの伝統芸能。黒い気持ちの扱い方

恨み辛みや嘆き悲しみ咲く時に♡ 伝統芸能「お能」はオススメ。 能の主役は怨霊幽霊、生霊たち。 恨み辛みや嘆き悲しみ、成仏しきれぬ残した想い、それらの気持ちが主役の舞台。 悲しみ怒り憎しみ。 SNSウケしない感情。 だけれど人の中にある。 ハ…

この記事を読む

「聞き」分ける鼻と耳。見えないものは「聞く」ものなのかも。

香道では、香りを嗅ぐことを「聞く」という。 香道体験をした2年程前に知り、面白いなぁと印象に残っていました。 なぜ、香りを音と同じように「聞く」と表現するのだろうか…。ぼんやりと頭の片隅に置いていたら面白い本に出逢いました、能楽師・安田登さ…

この記事を読む

あふれるモノコト、麻痺する五感。少ない刺激の豊かさ美しさ

お寺や教会の鐘の音が聞こえる範囲、それがひとつの “村”の範囲だった。 そんな話を、何かの本で読んだことがあります。 日本だけではなく、ヨーロッパや中国でも。 少し前の時代には、お寺や教会で鳴る鐘の音は数十キロ以上先…

この記事を読む

名古屋松隠軒にて香道体験。ちいさな刺激を感じられること

志野流の家元・名古屋松隠軒にて。 2〜3年前に、香道体験をする機会に恵まれました。 香道(こうどう)とは、お茶やお華のように香りを楽しむ芸術のこと。室町時代から500年以上もの歴史を持つとされていますが、起源をみれば茶道よりも古く奈良・飛鳥…

この記事を読む

音楽と正義の話/12個、5つ、22個に106個、そして500色の色鉛筆。

大学まではピアノの先生を目指して音楽を学んでいました。 ただ、どうしても「聴音」が苦手で…。 むかしピアノ調律サボったせい。 「聴音」というのは、音を聞いて楽譜にするというモノ。 口ずさむ耳コピはできても、音と音名がすぐには一致せず…。大学…

この記事を読む

魅力的な声の持ち主の話は「文章」ではなく「音」となる。

とても素敵な声を出す人がいると、話を聞くのに「困る」時があります。 声の響きが心地良く、ほおっておくと、内容よりもその響きに身を任せる感じになるからです。 そいう時には、話を聞くことに意識を集中させる必要があります。 気づけばそれは、「話」…

この記事を読む

静かなカフェの音風景、耳からの心地よい”音風景”を眺めてみる。

朝、東京は表参道のカフェ。 まだ開店したばかり、ウォームアップ中の店内にいたのは2組のお客さんだけ。 ここまでゴージャスでは無いけれど、エレガントで素敵なお店でした。 東京に住む友人を訪ねると、結婚式も催される素敵なカフェに連れて行ってくれ…

この記事を読む

音楽は、美しさは、どこにある。

音楽はどこ どこにある。 ひとつの 音だけ 和音だけ それだけ鳴ったら 音楽なのかな。   音と音のあいだ 音符と音符のあいだ 「あいだ」に 「音楽」が鳴る。 「あいだ」はどこにある。 空間、時間、私のこころ。   音と…

この記事を読む

初のレッスンウェアとBelly dance JAPAN、骨盤アプローチに知的興奮。

楽しみにしていた、ベリーダンスの 初☆レッスンウェアが届きました。 …だいぶ前に、、、。     レギンスありで露出少ないですが やっぱり気分が上がります。   そしてコチラ。     雑誌…

この記事を読む

消えるから、の美しさ。変わり続けること生きてること。

アイルランドの歌姫・エンヤの音楽が好きです。     And all the stars without a name And all the skies that look the same And all the c…

この記事を読む

ごく軽い共感覚なら誰でも持っているのでは…

共感覚。 ひとつの感覚から、他の感覚が呼び起こされること。音に色を感じる、文字に色が見える等、いくつか種類があるようですが、ごく軽いものなら当たり前に誰でも持っているものでは?と思ったりします…。 私の場合、音や香りに色や形、質感を感じるこ…

この記事を読む

蚊に刺されて痒い場所を寸分違わず知らせてくれる身体の凄さ

昔から、蚊に刺されたその場所が、寸分足りとも違わずに痒くなることが不思議でした。 完全に無意識なのに、1ミリも狂わず、かゆい場所を的確に知らしめてくれる身体感覚は凄い。何なら、寝ていても無意識に掻いていたりする。かゆい場所を間違えることはな…

この記事を読む

サーカスの象的だった身体感覚を取り戻す。ふんどしパンツと布ナプを使ってみて

幼い頃、足を鎖でつながれて 痛かった動けなかった。 そうして大きくなった サーカスの象。 鎖が怖くて動けない。 痛くて怖い そんな気がして動けない。 (もう、鎖はないのに。)   たとえ鎖があったとしても それを破れる力さえ 持っているかも…

この記事を読む

影をたどることで見えてくるもの。

デッサンでは、影の濃さ(薄さ)で モノの形や立体感を表現していきます。 影がある部分。 その濃さと範囲を描くことで、光があたっている部分を浮き彫りにしていきます。明るい部分、光があたっている部分には色を重ねません。 闇が深い部分、暗い部分こ…

この記事を読む

もしもピンポン玉がビンボン玉だったら。耳を澄ませば、みえてくるもの

歴史に「もし」はないといいますが。 もしもー ■もしも1 もしも、ピンポン玉が ピンポン玉[pinpon]ではなく ビンボン玉[binbon]と命名されていたら。 空気を含んでピンポンと、 可愛らしく軽く飛び跳ねるサマはまるでなく  一度鈍…