この記事を読む

作業歌の生まれるとき。大量味噌仕込みに労働歌の起源を想う

味噌仕込み体験をしてきました。 自然栽培のモノコト・場を提供してくださっている方たちの手作りワークショップです。 この日の作業は、煮上げた大豆をつぶす所から。 自然栽培の三色大豆をつぶし、塩きり麹と混ぜ、木樽への仕込み作業をしていきます。…

この記事を読む

バンプ「コロニー」PVと歌詞の意味解釈、私の場合。

ぽっかり浮かんだ内向きの街 それは私の心の中 ホントは誰も傷つけられない すべては私がつくった幻想だから 世界と私は同じなのに 外の私に呑み込まれそう 瞳を閉じれば見えるのに 無い所へと彷徨いはじめる ひっそり咲く花 やさしい言葉 乾いた心…

この記事を読む

宇宙の音楽。星も木も生き物も、みんな動いて鳴っている。

音は振動。 腕を動かせば空気は動く。 聞こえない「音」が鳴る。 聞こえない「高すぎる」音 聞こえない「低すぎる」音 音だけれど、音にならない音。 人が聞こえる振動だけが「音」と呼ばれる。 空気は震えている。 今もここで、私には聞こえない宇…

この記事を読む

「ぶんぶんぶん ハチがとぶ」勝手レビュー♡野バラが咲くためには?

ぶん ぶん ぶん ハチが飛ぶ お池のまわりに 野ばらが咲いたよ ぶんぶんぶん ハチが飛ぶ 〜♪ ドイツ生まれの民謡「ぶんぶんぶん」。 むかし、すべての文字の間に「る」を入れて早口言葉の練習をしたのは懐かしい想い出です。 「ぶんぶんぶん」はハ…

この記事を読む

音楽と正義の話/12個、5つ、22個に106個、そして500色の色鉛筆。

大学まではピアノの先生を目指して音楽を学んでいました。 ただ、どうしても「聴音」が苦手で…。 むかしピアノ調律サボったせい。 「聴音」というのは、音を聞いて楽譜にするというモノ。 口ずさむ耳コピはできても、音と音名がすぐには一致せず…。大学…

この記事を読む

静かなカフェの音風景、耳からの心地よい”音風景”を眺めてみる。

朝、東京は表参道のカフェ。 まだ開店したばかり、ウォームアップ中の店内にいたのは2組のお客さんだけ。 ここまでゴージャスでは無いけれど、エレガントで素敵なお店でした。 東京に住む友人を訪ねると、結婚式も催される素敵なカフェに連れて行ってくれ…