この記事を読む

後悔は未来への気持ち、始まりはいつも未来から。

こうなりたいな アレがほしい 始まりはいつも未来の自分 消したい過去や黒歴史 しなきゃよかったあんな事 後悔はとても前向きな言葉 未来を憂うと出てくる気持ち だって…の先の  またその先に 在りたい未来を見つめてる 後悔のすこし先にある 見…

この記事を読む

命とモノサシの数

もしもし。 こちら、リス王国。 私はここでは実験動物。 私みたいな動物に、どれだけ”知能”があるかを知りたいらしく、記憶力や嗅覚なども、合わせてテストをされています。 とっても難しいテストなんです。 数ヶ月前に自分で埋めたドングリを、大きな…

この記事を読む

セキユの気持ち

24時間365日 人間のために働いている 固いもの 柔らかいもの 流れるものや見えないもの 姿カタチを変えながら 色んなモノコト創ってる   暑い夏は 涼しくしてる 寒い冬には 暖かく 身体を髪を 彩る香る 汚れもキレイにピカピカ…

この記事を読む

週2炭酸、週5お湯。自然に身体にお掃除に、三方良しなヘアケア記

髪の調子がよくて、触るたびに嬉しい最近。。。♡ 広告的に?書くなら、自分史上最高のツヤツヤ感とサラサラ感が毎日持続。 何が良かったかといえば。 、、、 今はロング!2年後位は再びバッサリショートにする予定です♡ 一ヶ月半前から変えてきた、こ…

この記事を読む

大量のゴミが生まれるとき。ゴミに支えられる私

小学生のときは、兄弟で一番の物持ちでした。でも今は、一番少ない気がします。 手放したのは、どんな時。 小学生時代から環境問題やエコ系の話題に敏感でしたが、ボロボロになるまで使い切ったものは少なく、多くのゴミが出たのは好み・考え方・価値観が変…

この記事を読む

「当たり前」の前物語。

家庭菜園一ヶ月。 つぼみが、ふくらみ始めました。 スナックエンドウ。 食べたことはありますが、つぼみがうつむきな事も、白い花を咲かせることも知りませんでした。 目に見える速さで毎日伸びること。巻きつく先を求めて、ツルがぐるぐると彷徨うこと。…

この記事を読む

味噌汁カフェから始まる朝@美活

一番好きな料理は、お味噌汁。 出汁の効いた暖かいお味噌汁は、一口飲めば、ホッと一息つけるのです。 最近は、目覚めのコーヒー的に飲むお味噌汁にハマっています。 昨夜の残りの味噌汁スープ。具なしで美味しい。 数年来、朝はコーヒー1杯派でした。 …

この記事を読む

美容のためにトイレは断然和式を探す♡逆輸入される日も近い?

トイレは断然和式派です。 出先でトイレがキレイだと嬉しくなりますが、一番に探すのは和式。 インテリアとしても洗練された和式の厠探しは、密かな趣味となっています。 □ヨガのポーズにもある和式スタイル かかとを地面にしっかりつけて 足首をグッ…

この記事を読む

雨の日さんぽのお助けアイテム。

空から降るふる縦模様 かき消される音  静かな世界 かすむ色合い  グレーな景色 。。。 雨の日さんぽ。 カメラを忘れたことを後悔するほど、公園の緑が瑞々しくてきれいでした。 4月中ごろ1週間。 この頃の草木の緑が、1年で1番好きな緑色です…

この記事を読む

誰そ彼時の夢うつつ。

夜明け前。 腕とパジャマの間に、なにか冷たさを感じて振り払う。 振り払った先に、虫。 黒色の身体、毛が生えたワタワタモコモコの白い脚。ムカデか蜘蛛か、昆虫か。 ぼやぁっとした視界で見るそれは、サッーっと床から駆け抜ける天井まで。垂直に直線的…

この記事を読む

発芽の季節、家庭菜園6日目。

6日前に蒔いた種。 少しずつ、ひょっこりと、芽を出し始めました。 か、かわいい、、、。 ちいさいのもボケない性能良いカメラほしい。。 「自分で育てると可愛い」 何度か耳にしていました。 でも、芽が出ただけで本当に可愛いとは。 小枝の影から石…

この記事を読む

借りぐらしする、真っ黒クロスケ

借りぐらしする、真っ黒クロスケ 生きていくのに必要なすこし 人間たちから拝借してる。 人を傷つけることはしない。 元気な小さい女の子。 床下にずっと、借りぐらししてたの。   輝くような黒い羽。 私の自慢、ツヤツヤよ。 だけれど人…

この記事を読む

電車で街で、無言で香りの自己紹介。

お店や道で、すれ違う人 無言で香りの自己紹介。 ・古着屋さんの、服着てます ・ケーキorスイーツ買ったよ ・柔軟剤たっぷりはマスト ・さっき珈琲のんできた ・ファーストフード食べたあと ・ケミカルナプキン使ってます(!) 人工的な香りを、減…

この記事を読む

着物にみる折り畳み文化。二次元から広がる三次元の宇宙

身体に巻きつけ 止めたり折ったり 結んで開いて パタパタパタ。 脱げば再び平面に 畳めばタダの、長方形。 。。。 重力に沿ってだらりと落ちる平面。 自分で着付けをしているとき。 着物は帯は、折り紙のようだなと感じます。 パタパタと畳める着物…

この記事を読む

母国語アプリが落ちるとき。デフォルト起動の価値観を整理

ここは日本。 ボーッと電車を待っているとき。 まわりの会話が外国語のよう。 音としては耳に入る、でも 何も聞き取れない自分。 ん??何語…? 母国語の日本語の、外国語感。 (脳内どこかの日本語スイッチを探す数秒)、、、。 日本語脳を、探して…

この記事を読む

美白信仰なぜ物語、その参。都風俗化粧伝「顔面之部」にみる江戸の美意識

江戸時代後期に出版された『都風俗化粧伝』。 この本では、当時流行ったファッションや化粧・身のこなしについてイラスト付きで事細かに紹介されています。 書物が今より少なかった時代、きっと多くの女性の美容の「教科書」となったことでしょう。 「顔面…

この記事を読む

見知った道から魔法のワープ。「夢中」は異世界への扉

いつも毎日通る信号、 そこを少し曲がった先。 何度も通った道なのに 今日は何故だかトンネルだった。 近所からちょっと足を伸ばした所。 入り口はいつ、どこだったろう。 驚いていたら、もう着いた。 倍の時間がかかるはず。 なのに地下鉄よりも早い…

この記事を読む

UV効果高めな天然素材♡優秀すぎるオーガニックコットンなど

2月16日に和暦の新年を迎え 太陽光を暖かく感じる日も増えてきました。 1ヶ月後は春分の日。 夏至と冬至の中間点です。 ・夏至:太陽が最も高くのぼる日 ・冬至:太陽が最も低くのぼる日 冬至〜夏至は、日照時間とともに紫外線量も増えていく時期。…

この記事を読む

思い出は、思い出すから思い出なんだ。夢や希望は未来の思い出。

思い出は、思い出すから思い出なんだ! 誰しもありがちな「ひとり世紀の大発見」をして、しばし沸き立っていました。 が、それもつかの間。 「思い出すから思い出」とぐぐってみると、やはり既に先人ありき。 糸井重里さんの著作「思い出したら、思い出に…

この記事を読む

立春立夏立秋立冬。四立に隠れる精神性は、陰極まれば陽となる

暦を知ることは、とても深くて面白い。 季語・和暦への興味から始まり、暦(こよみ)を辿っていたら、あっという間に古代エジプト、ナイルの氾濫まで遡ってしまいました。 それについては別記事で(きっと)書くとして…。 これは流れることもあるパターン…