この記事を読む

宇宙の音楽。星も木も生き物も、みんな動いて鳴っている。

音は振動。 腕を動かせば空気は動く。 聞こえない「音」が鳴る。 聞こえない「高すぎる」音 聞こえない「低すぎる」音 音だけれど、音にならない音。 人が聞こえる振動だけが「音」と呼ばれる。 空気は震えている。 今もここで、私には聞こえない宇…

この記事を読む

あふれるモノコト、麻痺する五感。少ない刺激の豊かさ美しさ

お寺や教会の鐘の音が聞こえる範囲、それがひとつの “村”の範囲だった。 そんな話を、何かの本で読んだことがあります。 日本だけではなく、ヨーロッパや中国でも。 少し前の時代には、お寺や教会で鳴る鐘の音は数十キロ以上先…

この記事を読む

ナウシカ地下庭園的な魔女小屋的異空間広がるは、フラワーノリタケ

名古屋中心部、テレビ塔の近くに 私の好きな花屋さんがあります。 商業街とオフィス街をつなぐ道にあるそのお店は、ナウシカの地下庭園のような、森の中にある魔女の調合室のような、ファンタジーな雰囲気を漂わせています。 こちら外観。 でも、もっと素…

この記事を読む

紫外線や乾燥対策、ヘアケアに。万能アイテム蜜蝋バームを手作り

高くなった空に響くヒヨドリの声に 秋の深まりを感じる今日この頃。 肌の乾燥を感じて、冷蔵庫に余っていた コスメ原料で蜜蝋バームを作りました。 この蜜蝋バームは、とっても優秀。 春夏は微弱すぎる(でもとてもナチュラルな)紫外線対策に※、秋冬は…

この記事を読む

ゼロウエイスト的UVクリーム。環境に優しい自然分解される日焼け止め5選

「ゼロウエイスト的な日焼け止めクリーム=ゴミを出さない日焼け止めクリーム」として、日焼け止めクリームの全成分が「生分解」されるものを紹介します。 生分解とは、海や川に流れた時に微生物が分解してくれること。生ごみ処理機に入れたらすべて土に還る…

この記事を読む

ビューラー無しでまつげを上げる指ビューラーのコツとポイント

この2年程、まつげはビューラー無しで上げています。 使うものは自分の手先、指。慣れれば案外キレイに上がります。 ビューラーを使わないメリットは、まつげが痛まないのとポーチの中身が減ること。ビューラーよりも(少しだけ)時間がかかりますが、私は…

この記事を読む

手作りの日焼け止めの懸念点

ゼロウエイスト的&ナチュラル志向的に考えると、日焼け止めも手作りしたい! …のですがこのタイトル。 過去には「UVクリームも手作りで♡」と道具や材料を揃えて作ったことがあります。 私は紫外線錯乱剤は酸化亜鉛派なので、ノンナノ酸化亜鉛かどうか…

この記事を読む

私のゼロウェイスト生活。得意分野と現状、今後。

「ゼロ・ウェイスト・ホーム」。 この言葉を知ったのは2週間程前。 本日ベアジョンソンさんの著作を読み終えました。 私はこの数年で、ある分野に関して「ゼロウエイスト」をかなり進めてきた事を知り嬉しくなりました。 私のゼロウェイスト生活 「シン…

この記事を読む

ゼロウエイスト、美的アプローチと環境問題以外のメリット

書籍「ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし」を読みました。 著者は4人家族。 1年に出る家庭ゴミの量、わずか1リットル。 驚くべきゴミの量です。 でも、私が一番素敵だなと思ったのは、著者が美しさを大切にしている方だとい…

この記事を読む

少量カラーパウダー持ち運びどうする問題。知恵を絞って試行錯誤からの現在。

少量カラーパウダーの持ち運び。 手作りコスメだと、既製品のように固めず粉のまま使っている方も多いのではないでしょうか。 …というか、私がそう。 油なしで作りたいと思うと、そして毎回少量ずつ作るのが面倒なので粉のみに落ち着きました。 日々、顔…

この記事を読む

数学ギライ・読書好きが「数学はアートだ」と思うまでに読んだ本

4年ほど前に、とある本を読んでから数学への見方が全く変わりました。今では真の意味での数学は「アート、芸術、美学」なんじゃないかと、思っています。 とはいえ、私は小学生からずっと、算数・数学は苦手でした。 中学高校と本気で数学を頑張るも、まっ…

この記事を読む

顔文字と日本文化。見立て・文字と絵の距離感

メールでネットで。 電子画面表記で使われる顔文字。 種類とバリエーション、表現の豊富さ。 とても面白いなぁと思います。 ( ; _ ; ) 無機質に記号名で読めば「かっこ セミコロン アンダーバー セミコロン かっこ」。でも、一つの顔として…

この記事を読む

汗や涙に激弱♡顔面使用している食べられるカラーパウダー

このブログでけっこう読まれているのがコチラ。 >>お化粧使いした食用お粉、試したパウダーの使い心地とアレンジ方法 「食べられる粉」を使ったナチュラル(すぎる)メイクについてです。 このメイク一番のメリットはお湯だけで落ちること。 あと、鼻や…

この記事を読む

ことばの限界。大きすぎるザルの網と分断された世界。

本当に何かを伝えたい時 ことばは、いつも役に立たない。 強い感動ほど、言葉にする程に どんどん安っぽくなっていく。 昔からこう思っていました。 そうして最近、この謎が解けました。   パリの老舗デパート「ギャラリー ラファイエット…

この記事を読む

よごれたもの

きれいなものは きたない所に隠すのがいい 誰も見向きも しなくなるから 大切だからしまっておこう 「汚れたもの」と名付けよう そしたら誰も分からなくなる   目には見えない ことばでもない 音も香りも、味さえしない よごれた中に隠…

この記事を読む

流れ橋と折れる傘と伊勢の遷宮。その底にあるもの

郵便局で ”折れる傘” が売られていました。 強風が来たら自ら折れることで、傘そのものが壊れることを防ぐ傘「ポキっと折れるんです」。 強風・突風に煽られたらポキっと簡単に折れますが、傘を閉じて開けば何事もなかったかのように再び使えます。 こ…

この記事を読む

言葉への落とし込み作業と珈琲を淹れる作業との共通点。

私は、思ったこと感じたことを上手く言語化するのが苦手です。 強い衝動や感情、モヤモヤや曖昧な気持ち…。 その時そのまま言葉にできたらいいのですが、人に伝えるために言語化するためには数日必要なこともあります。感覚では何となく分かるけれど、言語…

この記事を読む

怒りのレシピ

ほんのちいさな 悲しみ寂しさ お鍋に入れたらしっかり蓋して ポンポン入れたら味わうのは後 その時たべたらいけないよ 大きな怒りを作るには ぐつぐつぐつぐつ煮込むんだ 強い怒りを作るには たくさんたくさん貯めておこう 蓋を開けたら弱くなる 味…

この記事を読む

芸術讃歌

本気で何かを伝えたい。 深く心うごいたとき。 いつも 「言葉ってつたないなぁ」 と思ってしまいます。   たとえば ”心を動かされた” 度を 10点満点で表した場合。 10点満点中ー >>1点分の気持ちしかない時には …

この記事を読む

らっきょう漬けのお手伝い/蓮始開

蓮始開・はすはじめてひらく。 旧暦、7月12日〜16日位の七十二候、蓮の花が咲く時期との意味です。 繊維が透けて見える透明感のある美しい蓮の花。 その姿を愛でる人も多いですが、開花後の群落は非常にグロテスク。 蜂の巣のような実(み)は不気味…